• HOME
  • ごあいさつ
  • ご利用ガイド
  • お客様の声
  • 会社概要
  • ENGLISH版

コラーゲンサプリメントの選び方と魚皮から抽出したフィッシュコラーゲンについて

コラーゲンサプリメントの種類と素材価格を知ろう!

コラーゲンの原料は大きく分けて動物由来と魚由来があります。
コラーゲンはいずれも皮に多く含まれています。魚由来の中には本来廃棄するウロコを素材にしている場合があるので、魚由来ではどの部位を使用しているかが重要な選択の規準になります。素材価格が高いものが高品質であることはいうまでもありません。どの素材が高くてどれが安いのか知っておく必要があります。

コラーゲンの種類と価格を知ろう

動物由来のコラーゲンは...

豚のコラーゲンは市販では最も多い

鶏の皮からもコラーゲンが取れる

腸管吸収がよくない。
牛・豚・鶏などの動物の皮から抽出したもの(牛はBSE以後使用されていない)  
市販の動物性コラーゲンは豚皮が最も多いようです。
動物性コラーゲンは、分解能が良くないことが研究論文で
明らかになっています。同じ分子量で比較して分解能が
魚コラーゲンの7分の1というデータがあります。

コラーゲンはそのままでは吸収されることはなく、胃腸で消化酵素により分解されて数個のアミノ酸
ペプチドになってはじめて腸管吸収が可能になります。だから分解能=吸収能となり、7倍分解能がいい魚コラーゲンが豚より7倍吸収能がいいことになります。
肉でも豚肉と魚肉では豚のほうが消化しにくいですね。コラーゲンも肉もたんぱく質なので消化しにくさはコラーゲンも同じということです。
というわけで豚コラーゲンは私はおすすめしません。

魚由来のコラーゲン(フィッシュコラーゲン)

天然魚皮由来と養殖ウロコ由来
魚コラーゲンとかフィッシュコラーゲンと表示している低価格コラーゲンはウロコ由来がほとんどと考えていいでしょう。

魚コラーゲン

なぜならウロコは原料価格が極端に安いからです。
魚皮とウロコは同じⅠ型コラーゲンで組成は同じです。だったら安いほうがいいと思うでしょうが精製法の違いで抽出されたコラーゲンは異なるようです。
ウロコ由来コラーゲンをのんでいた人が魚皮由来に変えたら効果が全然違うと訴えます。どうして同じⅠ型コラーゲンなのに効果が異なるのでしょうか。
魚の皮は柔らかいので加熱と酵素でコラーゲンを完全な形で抽出できます。一方ウロコは固いので加熱や酵素では全く溶けません。ウロコは塩酸で溶かすのです。
塩酸は劇薬ですから使用すると二つの問題が発生します。ひとつは残留塩酸です。塩酸は胃炎を進行させるので健康にいいとはいえません。二つ目はさらに深刻です。塩酸はウロコを溶かすだけでなく蛋白質であるコラーゲンを溶かします。コラーゲンが溶けるとペプチド結合が壊されます。ペプチド結合が壊されたコラーゲンは失活する可能性があります。
魚皮とウロコは同じⅠ型コラーゲンでも塩酸処理するか否かで抽出されたコラーゲンの活性度が異なるのです。
ウロコは養殖のテラピア(アマゾンに生息する淡水魚)から採取されことが多く、抗生物質がウロコに移行している可能性もあります。
現在市販されているうち天然魚皮由来コラーゲンが安全性と有効性の点で最もコストパフォーマンスが良いことが分かります。
血管に効くサプリメントとして、一般的に魚の皮のコラーゲン(魚皮コラーゲン)が使われています。

素材価格

食材の原料価格は、例えば天然まぐろが高額で養殖まぐろが安いのは常識です。コラーゲンの素材でも同様です。ウロコは養殖で廃棄するものなので価格は天然の白身魚の魚皮の数分の一です。従って素材価格は天然の白身魚の魚皮>>養殖豚皮・鶏皮>養殖ウロコとなります。
素材価格が高いほど高品質といえます。コラーゲンサプリメントの販売価格が素材価格と対応しているか、注目すべきです。

お問合わせ

ご利用ガイド

会員登録

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

後払い決済

医学博士 石井光 書籍紹介

機能性表示取得への取組み

お客様の声募集中

ポイントが貯まります

取扱店舗一覧

動画紹介

お問合わせ先

ドクターウエルネス株式会社

〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町8-6
新江戸橋ビル

フリーダイヤル:0800-100-5610
FAX:03-3662-4290

SECURED BY SSL お客様の個人情報を安全に送受信する為にSSL暗号化通信を利用し第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。