• HOME
  • ごあいさつ
  • ご利用ガイド
  • お客様の声
  • 会社概要
  • ENGLISH版

コラーゲンとは?「石井 光」博士解説
コラーゲンの役割や種類・コラーゲンの選び方について

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。

体内たんぱく質

体内たんぱく質の3分の1がコラーゲン

人体内には約10万種ものたんぱく質が存在し、コラーゲンはその30%を占める重要なたんぱく質です。

コラーゲンはあらゆる組織に存在しますが、特に骨・皮膚・血管に多く含まれています。

コラーゲンの機能

  • 細胞と細胞を結合して身体をしっかり構成
  • 酸素や栄養を供給
  • 老廃物を排出

コラーゲンは、加齢と共に減少してしまう!

老化とともにコラーゲン減少

老化=コラーゲン減少 出典:Maturitus 18 {1994} 199-206

25歳を過ぎた頃から、体内で新しく作られるコラーゲン量が減少して、新陳代謝がうまくいかず、

・皮膚にたるみやしわ ・白髪や抜け毛
・高血圧 ・骨粗しょう症・関節炎・老眼
・動脈硬化

などが出現します。

このグラフは海外の論文から引用したもので、女性の20代から60代の皮膚と骨のコラーゲン含有量のグラフです。このグラフからエイジング(老化)とは全身のコラーゲンが減少することだと理解できます。 20代前半は体内コラーゲン合成が活発ですが、25歳を過ぎた頃から途端に低下してしまいます。

よいコラーゲンを摂る→体内コラーゲン合成を促進する→老化コラーゲンが若いコラーゲンに置き換わる→
皮膚、骨、血管が若返る→これが真のアンチエイジング(抗老化)です。

近年急成長した医療技術は、病気を治すことだけでなく、「若さを保つ」という分野でも研究開発が進み
「アンチエイジング」という言葉は一般的に認知されるようになりました。コラーゲンサプリメントは最も手軽且つ確実なアンチエイジング効果をもたらすでしょう。

お問合わせ

ご利用ガイド

会員登録

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

後払い決済

医学博士 石井光 書籍紹介

機能性表示取得への取組み

お客様の声募集中

ポイントが貯まります

取扱店舗一覧

動画紹介

お問合わせ先

ドクターウエルネス株式会社

〒103-0024
東京都中央区日本橋小舟町8-6
新江戸橋ビル

フリーダイヤル:0800-100-5610
FAX:03-3662-4290

SECURED BY SSL お客様の個人情報を安全に送受信する為にSSL暗号化通信を利用し第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。