香港の雑誌に広告が出ます。

皆さんこんにちは。
ドクターウエルネス営業担当の翔太です。
今月(12月)は香港へ出張は予定されていません(笑)
私は東京の取引先で販売していただいているドクターウエルネス商品の店頭販売のお手伝いをしたり、ホームページに掲載する新発売のナチュラルマリンコラーゲンゼリー(レモンジンジャー味)商品ページの構成などを考えたりしています。
もう一件重要なお仕事がありまして、それは
香港の雑誌に掲載するドクターウエルネスの広告の原稿を作成する。という重大なミッションです!!!
先月(11月)に催した香港での販売プロモーション時に応援に駆けつけていただいた、開発医師である石井先生が、
「ドクターウエルネスを香港の皆さんにもっと知っていただきたいな。雑誌広告など出してみたらどうだろうか?」
という提案から話が始まりまして、このブログ記事に至る道のりがあるんです。
さあ、どうしよう・・・。まずは広告を掲載する雑誌の選定と広告原稿を考えなくてはなりません。
さっそく香港での私たちのパートナーに広告を掲載する雑誌の選択を依頼しました
そして候補にあがってきたのがこの三冊です。

香港から送られてきた候補雑誌の写真

社内でどの媒体に出稿するか話し合いまして、決まったのが
「健康創富」という雑誌です。
この雑誌の購読者層がドクターウエルネスの商品を愛用していただいている40代、50代のお客様層が多いということで決定されました。
出稿スペースは片側1ページの大きさです。
頭の中で浮かんできたアイデアをどうやって具現化しようか・・・。
「最初はカット アンド ペーストでやってみようかな。」
そして、試行錯誤して「試行錯誤して「たたき台」としてこの様な原稿ができました。

最初はこんな感じからレイアウトを考え始めました。

さあ、ここからどうする?
当然ながらプロの助けを借りなければゴールに到達するのは不可能です。
しかし、基本のレイアウトと広告内の文章は私たちがちゃんと仕上げなければならない、と思いました。
まずはこの広告で香港の皆様にアピールしたい事を考えます。
日本の医師が臨床開発した製品
複数の国際特許を獲得している製品
ナチュラルマリンコラーゲンの7大効能
プラセンタコラーゲンの7大効能
製品開発者である 医学博士の石井光先生の香港訪問予定の告知
以上の事柄を1ページにうまく盛り込まなくてはなりません。

まずは日本語ベースの原稿を作ってみました。

原稿内容を見直しバランスなどが大丈夫であるか確認します。
その結果、広告内容については「読者に対してもう少し訴求力があったほうがいいかもしれない。」という意見が社内で出てきました。
いろいろ話し合った結果、「これまでの香港での「販売プロモーション」で撮影させていただいたお客様の毛細血管の写真」を載せようという声が上がりました。
前回の私のブログにも載せましたが、
ナチュラルマリンコラーゲンを愛用していただいているお客様なのですが、
毛細血管が一ヶ月半でとても若返っていらっしゃるのです。
原稿でここから次にやることは日本語の広告文を香港用に広東語に翻訳することです。

記事を広東語にして、お客様のコラーゲン使用前と使用後の写真を追加しました。

そして出来上がったのが上の写真の原稿です。
さて、再度原稿の見直しです。
毛細血管の写真の上部が少し切れている点と記事のスペースをもう少し拡げたいという修正点が出てきて、デザイン会社に修正を依頼します。
そして出来上がったのが下の広告原稿です。

毛細血管の写真を修整しました。

香港は日本と異なり、健康食品(サプリメント)の効果効能をお客様に対してアピールすることは許されています。
今回の広告内容は
ドクターウエルネスナチュラルマリンコラーゲンは、
「医師が開発した製品」であり、また「アテローム性粥状動脈硬化症の減少及び予防剤」として欧州の特許を取得し、香港とシンガポールからは「血管老化抑制及び抗老化剤」として特許を取得している製品です。
という内容を香港向けに広東語でアピールし、
そして石井先生の新日本橋石井クリニックの治験結果から、
「血管の老化を予防する」「骨密度の改善」「軟骨の改善」「関節痛の改善」「抗老化」などに効果が得られるというエビデンス(医学的証拠)がある製品。
ということを盛り込みました。
香港の皆さんにこれらの事柄を広告を通してお伝えできれば嬉しい事だと思っています。
雑誌は香港で2013年1月1日に発売予定です。
出版された雑誌に掲載された広告を早く見てみたいですね。
今回も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。
次回の香港プロモーションは来年2月中旬に一週間予定しています。
この期間中2日間は石井先生も時間を調整して香港へいらっしゃってくださる予定です。
香港在住の皆さん、是非ともお誘い合わせのうえ香港SOGOへいらっしゃってください。
お待ちしております。

トラックバックURL