プラセンタコラーゲンのお話

 みなさん こんにちは
ドクターウエルネス営業担当の翔太です。
:otukare:
まだまだ寒い日が続いていますが、体調をお崩しになっているお客様はいらっしゃいませんか?
とにかくあたたかくして身体をひやさないようにして、血行を良くするように心がけてみましょう。
まずは「ドクターウエルネスからのお知らせ」
:pc:
ドクターウエルネス「プラセンタコラーゲン」が臨床研究の為の倫理委員会で承認され、
臨床試験が始まりました。:hakusyu::hakusyu:

臨床試験の内容は
プラセンタコラーゲンゼリー高濃度引用時の免疫賦活(ふかつ)作用の検証。
(賦活=機能を活発にすること。活力を与えること。広辞苑より)

臨床研究(試験)の背景としては、
研究責任医師である医学博士の石井光医師はこう説明しています。

プラセンタは胎盤抽出物であるが、古来から不老不死の妙薬とされ、16世紀「明」の時代には
李時珍が「本草網目」に「紫河車」として記載があり、薬として使用されたことが明らかになっている。我が国では、江戸時代から主として加賀(現在の金沢市)で滋養強壮薬として販売され、現在まで民間薬として伝承されている。1950年代にヒト胎盤抽出物が慢性肝炎における肝機能改善、更年期障害改善の保険適用がなされ、薬価収載されて現在に至っている。
胎盤には多量の再生因子、成長促成因子が含まれ、成人が摂取することで滋養強壮、疲労回復、肝機能改善などの効果が示されている。
 よって、国産豚胎盤抽出物を用いた高品質プラセンタには免疫力改善効果があるという仮説を立て、がん患者と健常人を用いて検証することにした。

という背景があるんです。
この臨床試験によりドクターウエルネスのプラセンタコラーゲンの有益性が照明されることになればとてもすごいことです

 今後臨床試験の経過報告などをお伝えすることができると思います。
楽しみにしていてください。

ホームページの「プラセンタセール」は3月末までの期間限定です!!!

翔太 拝



 

トラックバックURL