第2回システマティックレビュー委員会を開催しました。

平成26年11月28日第2回システマティックレビュー委員会を開催しました。

 

 第2回システマティックレビュー委員会の開催(於:当社会議室)。
当社コラーゲン製品の機能性表示に向けて、野村委員長(農工大教授)のもとで検討を行いました。食品表示基準の改正案では「科学的根拠を有する機能性関与成分及び当該食品が有する機能性」を表示できると示されています。

当社コラーゲン製品の特徴である魚皮コラーゲンの機能性について科学的根拠を示すための作業について、具体的な行程を検討しました。

魚皮コラーゲンの機能性をテーマとする論文に対し、この論文で示された仮説に対する回答を与える質の高い論文を選び出す作業から始めることを確認しました。この作業は国内外の文献収集を行うこと、その収集の方法が公開され、再現性が担保されることが科学的根拠を担保するために必要です。

 

 新日本橋石井クリニックにおいて把握している弊社コラーゲン製品利用者に対し、
臨床データの使用同意を求めること、
さらに同意を得た臨床データにもとづく論文作成可否について、
平成26年11月13日(木)西五反田SGスクエア、サイトサポートインスティテュート社会議室で開催された新日本橋石井クリニック倫理委員会で審査をいただきました。
診療データ使用に関する使用説明書、個人臨床データ使用同意書、臨床データに基づく論文骨子について弊社石井より説明がおこなわれました。

「健常者」「未病」「動脈硬化」「加齢による血管壁肥厚」などのキーワードについて質疑、
また貴重な提言をいただき、審査の結果、論文作成は「可」とされました。
この臨床データにもとづく論文作成作業も上記システマティックレビューの作業と併行して始めることとなりました。

以上

トラックバックURL